研修 2)事業戦略・マーケティング戦略 策定演習

日経ビジネススクールにて実績のあるプログラムを適用

日経ビジネススクール等で提供している講座を個別企業向けに提供します。

.
この講座は、戦略の大方針を設定する「事業戦略策定」と、戦略実行の具体策まで策定する「マーケティング戦略」の2つあります。

いずれも、受講者からの評判が非常に高く、定番となっている講座です。

.

いずれも、実際の貴社の事業を題材に、検討を進めます。 

また、プログラムは、貴社のニーズに合わせて、適宜カスタマイズします。

.

たとえば、オリジナルのプログラムは平日丸1日を使いますが、

  • 就業後の2回プログラムにする (※ 人気です)
  • 戦略策定(STEP1)に続けて、マーケティング(STEP2)を実施する
などのアレンジができます。

事業戦略策定演習

貴社の実際の事業を題材に、事業戦略の作り方のステップを学びます。

ただし、時間的な制約があるため、ここでは最初のステップ(STEP1)を中心に演習します。

.

このプログラムでは、以下の戦略フレームワークを使った演習を行います。

  • コア・コンピタンス分析(知的資本分析)
  • 事業環境分析(PEST分析、5F分析)
  • バリューチェーン分析
  • 顧客セグメント分析
  • 事業ポートフォリオ分析

この一式の集中的な分析を通じて、集中すべき事業領域が明確になることを、体験いただきます。

マーケティング戦略策定演習

貴社の実際の事業を対象に、マーケティング戦略を策定するステップを進めます。

ここでは、事業環境などはある程度共有されていることを前提に、戦略策定のステップでいうとSTEP2 を中心に検討を進めます。

.

このプログラムでは、以下の演習を進めます。

  • Segmentation: 顧客をニーズ毎にグループに区分する
  • Targeting: 顧客の成長可能性、および顧客ニーズと自社の提供可能性を勘案し、ターゲットすべき顧客セグメントを特定する
  • Proposal: 自社がどんな価値を提供すべきか、「価値提案(UVP)」を考える。この研修の最も重要なパートである
  • 4P(Promotion,Product,Price,Placement): ターゲット顧客に価値を正しく伝える、マーケティング・ミックスを考える

この一式の集中的な討議を通じ、マーケティング戦略のコアを掴んでいただきます。

 

事業戦略・マーケティング戦略の学習

なおこれら研修を実施するにあたり、受講生には事前に「経営戦略ワークブック」を事前に読んでいただくことが多いです。

この本は、架空の2社(食品スーパーと医療機器メーカー)の若手が、ステップを踏みながら、自社の戦略を作っていくストーリーになっています。

私の戦略策定に関するノウハウを、全部詰め込んだもので、これを読んで演習に臨めば、より理解が深まります。

 

読まれた方・使われた方からは、とても実践的、との評価をいただきます。また、戦略検討の際の参考書としての使い方をされている方も多数いらっしゃいます。

研修を実施する場合は、著者割引が効きますので、2割引きの値段になります。

 

ご興味のある方は、以下のサイトもご参照ください。

 

アマゾン・サイト: http://www.amazon.co.jp/dp/4534047290/