2.グローバル戦略 2)海外でのプログラム実施事例

1)中国での戦略策定事例

中国では複数のプロジェクト実績がありますが、たとえば2014年には、大手日系企業の中国総支社にて、戦略策定研修を実施しました。

上海の拠点に、北京・香港・深セン・成都・蘇州の各支社の部長クラスの管理職が集まり、2日間の検討で、各拠点の戦略を策定し、全体で共有しました。

 

通訳を付けましたが、チームメンバーが中国語で書いた検討結果に対して、私自身も中国語でコメントを書くという形で、進めました。
全工程に同席した日本人の総経理からも、大変高い評価をいただきました。

 

2)東南アジアでのグローバル・マーケティング戦略検討事例

下段の写真は、2013年に、大手日系製造業のシンガポール統括支社にて開催した、アジア拠点戦略の検討ワークショップです。
シンガポール以外からも、ベトナム、タイ、マレーシア、インド、インドネシアから、マーケティング担当のマネージャが参加し、合計3日間のワークショップで、拠点の戦略を策定し、アジア全体のビジョンをつくりました。

シンガポールやベトナムにおける講演会開催

2013年には、シンガポールにおいて、日系企業を対象に、マーケティング、イノベーション、課題解決と3回講演する機会がありました。

右の写真はそのときの看板です。

21世紀の東南アジアの「首都」をめざし、企業教育機関を誘致するシンガポールには、私自身非常に注目しております。

 

同様、2014年にもシンガポールで2回、
2015年にはシンガポールとホーチミン市にて各1回講演をする機会がありました。

 

 

2)インド企業・スリランカ企業に対するビジョン策定演習

2014年には、海外事業人材育成財団を通じて、インドの複数の電力企業および電力コンサルティング会社に対して、ビジョン及び戦略策定演習を、2回実施しました。
参加者からは「人生で今まで受講したなかで、ベストの研修だった」との声を多数いただきました。

下はそのときの集合写真および研修風景です。

また、2015年には、好評であったインドに引き続き、スリランカの経済ミッション参加企業に対して、同様にビジョンおよび戦略策定演習を実施しました。