新事業創造ワークアウトのプログラム

新事業創造ワークアウトのパターン

新規事業創造ワークアウトは、内容に応じていろいろなパターンがあります。

下にパターン例を示しますが、この他にも、ニーズに応じていろいろなプログラムを設計できます。

 

この他にも、

・ 「新規事業提案制度」の設計と運用のサポート

・ 「異業種交流」のプログラム

・ アイデア出しのプログラム(ハッカソン)

を組むこともできます。

 

以下、上の「#1-2」および「#1-3」のパターンについて、標準的な進め方を紹介します。

 

 

パターン#1-2 新事業テーマの事業化検討プログラム

テーマが決まっている新事業について、事業化を検討することをサポートするプログラムです。

このパターンでの検討が、一番多いと思います。

 

しかし現実の場面では、事業テーマが決まっていても、WHO/WHAT(CS/VP)が明確にならず、検討が実質ストップしたままになっていることが多いのです。

弊社は、CS/VPを明確にして、その検討を加速・サポートし、事業化を進めます。

 

パターン #1-3:テーマ設定から事業化提案までのプログラム

全体で8回の検討会を通じ、事業計画を発表し、経営陣による事業化の判断を仰ぐプログラムです。

間隔は、第1回〜第3回は1〜2週間、それ以後は3〜4週間を想定しています。