プログラム1.経営戦略の策定と実現支援

企業経営の基本とは、

 1.長期的視野にたった「戦略=成長ストーリー」を作り、

 2.戦略に沿った具体的な計画を作り、

 3.その計画の実現を目指していく、

といういわば「あたりまえ」のことにあります。

 

経営戦略とは、現在の方針や事業内容のままで量的な拡大を目指すのではなく、事業内容を市場や顧客ニーズの変化に合わせて入れ替えていく「持続的な成長ストーリー」を描くことです。

 

しかし、この「成長ストーリー」がないまま、「目標数字」ばかりを中期計系計画などで掲げる会社が少なくありません。

戦略がないまま、目標のみ与えれれて走らせられては、現場はどんどん疲弊していきます。

 

私は、この戦略を合理的に作って、組織を無理のないかたちで動かし、「具体的な目標」を実現するまでを、お手伝いします。

この成長経営戦略を策定・実現するプログラムの進め方について、以下に紹介します。

個々の内容については、右のリンクから参照お願いします。

 

経営戦略 1)戦略策定の方法論

 

戦略ストーリーを作っていく方法論を説明します。

この方法論は、ドラッカーの経営論をベースとして設計しています。

 

経営戦略 2)プログラムの詳細内容

 

戦略策定のプログラムを説明し、以下の質問に答えます。

  ・ワークアウトで決める「戦略のテーマ」とはどんなものか?

  ・誰が出席するのか?

  ・期間はどのくらいで、どんな時間割で進めるのか?

 

経営戦略 3)プログラムの実施事例と実施イメージ

 

プログラムの実施事例を紹介します。また実施イメージを、実際のワークアウト中の討議風景の写真や、使用テキスト、また実際の参加者のアウトプットなどで説明します。